需要変動分析(需要センシング)

 需要変動分析(需要センシング)は、需要予測に詳細な短期の需要データを組み込むことにより、需要計画の予測精度を増強することができます。より正確な予測によって、顧客サービスが改善し、在庫を減らすことになる。需要変動分析は、30から50パーセントまで予測誤差を低減し、10から20パーセントまで在庫の精度を高めることができることが業界アナリストにより示されている。

 需要変動分析は、新鮮な毎日の需要データを入力し、すぐに詳細な統計的な需要パターンと比較して需要の兆候の変化を掴み、変化の統計的有意性を評価します。自動的な短期予測の調整を実行するために部分的期間の実需要を分析します。

 需要の兆候は、個々の在庫管理単位(SKU)-顧客のレベルで消費ロジックを用いて相殺されています。このアプローチは、予測が正しい顧客によって
需要の統計的特性に応じて消費されたことを保証します。真の結果は、短期の予測精度および需要計画と日常業務の間の緊密な結びつきを改善します。

 ToolsGroupは、2種類の需要変動分析(
売り始め(Sell In)と売り終わり(Sell Out)を提供します。Sell In 需要変動分析では、それが店舗や倉庫であるかどうかにかかわらず、デマンドチェーンの次の下流工程での需要の兆候を分析します。Sell Outでは、POSデータやEDIトランザクションのようなサプライチェーンのさらに下流の、顧客の需要の兆候を分析します。


 
需要変動分析顧客事例の詳細な説明が必要な方はToolsGroupの代理店である(株)ECO経営企画室までお問い合わせ下さい。