需要変動分析(Demand Sensing) 需要予測の精度向上 さらに複数企業にまたがって

 正確な需要予測、ToolsGroupから得ることができる最善の需要計画を必要とします。しかし、次のステップへの準備が整ったときには需要変動分析が利用できます。この新技術は、さらに詳細な短期的需要予測を取得することで予測精度を向上させることができます。このリアルタイムの需要予測は、新鮮な毎日の需要データを取り込み、予想される需要パターンと比較することによって、直ちに需要兆候の変化をとらえ変化の統計的有意性を評価します。

 高精度の需要の兆候、個別ののSKU(在庫管理単位)-顧客のレベルで消し込みロジックを用いて相殺されます。このアプローチによって、
需要予測正しい顧客によって、また、需要の統計的特性に応じて消費されるようになります。その実際の結果はとして、短期需要予測の精度向上と需要計画日常運用の間の緊密な統合の改善につながります。

 
2種類の需要感度分析、売り始め(Sell In)と売り終わり(Sell Out)、を提供しますSell In(売り始め)需要感度分析は、デマンドチェーン(小売りまたは卸)の次の下流工程における需要の兆候を分析します。Sell Out売り終わり)需要感度分析は、POSデータやEDIトランザクションのようなサプライチェーンの下流にある顧客の需要の兆候を分析します。

 需要変動分析(Demand Sensing)サプライチェーン計画の「outside in(外側から入る)」アプローチ